お酒を飲む人は足が臭くなる!?

アルコールと足のニオイは関係

お酒を飲む人は足が臭くなる!?

お酒を飲むと、足の臭いが強くなるような気がする。これは気のせいではありません。実は、お酒を飲むと足の臭いが強くなるのです。

 

アルコールには、体臭を強くする作用があるため、足のニオイはもちろん、その他の体臭が強くなったりします。

 

 

体内でアルコールは臭い元になる

 

体内ではアルコールはアセトアルデヒドや酢酸という物質に変わります。このニオイ物質が「汗」や「呼気」から排出され体や足が匂うワケです。

 

また、アルコールには発汗を促進する作用があるため、ニオイ物質が体外へどんどん流出、これがお酒を飲むと足が臭くなる理由となっています。